ハードからソフトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2
スポンサーリンク

4年ぶりにクラブミュージックを作りたくなった

ので、今年に入ってオクで機材買い漁ってました。(機材は全て売却状態でしたので)
当初はハード中心で制作する予定でしたが、半年程色々やって思案した結果、DAWの機能をフルに駆使したソフトシンセ中心の制作へとスタイルを変えました。

色々揃えましたが…

PCの作業に慣れてしまったせいなのか、物が多いと集中できないですね。あっちいってこっちいってになって。けど使わなきゃトラック足りないし全部の電源入れるんですが、それぞれ立ち上げて色々設定してたりしてると曲制作の効率が悪い。つうか1曲出来上がるまですごい疲れる。

有名なソフトシンセのデモを試した。舐めてた。音の質感が凄すぎる。ハードにこだわる必要あるのか?モニタだけ見て集中するソフトシンセ中心の方が圧倒的に効率いいんじゃね?

音とリアルタイムの操作で個性をだそうとハードを選択したんですが、完全に裏目にでました。
ハードは触る楽しみにベクトルがいってる方が選ぶ物。今の時代、万人にお勧めしない。俺は機材を触りたいんじゃない。曲を作りたいんだ。

時代は変わった。4年間のブランクはいかに?克服できるのか!!

次回DAW導入編です。

~これからこのブログは音楽制作や機材の話、アーティストのご紹介、フェス等の話題中心で 進めて行く予定です。
ゆっくりペースかもですが(*^_^*)どぞ、よろしくお願いします。~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする