DJ&トラックメイク用に中古MacBookProはいかが

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

スポンサーリンク

2015型がベストなの?

DJしつつトラックメイクも!!って方には、ある程度のスペックと画面の広さが必要なので、15インチが良いでしょう。新品で手に入る現行型ですと2017型MacBookPro2015型MacBookProが選べる状態です。ただ2017型は全てのポートがThunderbolt3。ここが現状の不安ってところでレガシーデバイスが残ってる2015型がいいんじゃないかな?ってのが前回迄のお話。

2015型MacBookPro 価格19万8千8百円(税抜き)

型式 MJLQ2J/A 重量2.04kg 16GBメモリ 256GB SSD

Crystal Well(Haswellアーキテクチャ、第四世代CPU)

■標準CPU

2.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.4GHz)

ベンチ9163

中古でお買得なMacBookProを見落としていないかぁ~www

え?、、、中古?

パソコンの中古ってどうなんですかね?つうかMacBookProってどれも見た目同じに見える。種類多すぎwですが、ちょっと僕なりに調べてお買得かなって機種に目星をつけました。

2012型と2013型MacBookPro

基本的なスペックは2015型とそれほど大きく差がないんじゃあないの?って感じです。特に2013型とか。まぁ、あくまで音楽制作で使用する分においてはですが。SSD512GBとかになると新品は割高なんで中古だとお買得。

後はCPUの性能差。

2015型の標準機のCPUベンチが9163、この数値を基準にして、

世代ごとのCPUがどれくらいのものなのかってのが気になったので、ベンチの数値で比較です。(他サイトの数値参照)一概にこの数値がどうこうではありませんが、ご参考として。

2012型MacBookPro 6/12発売 中古価格7万~

型式 MD103J/A 重量2.56kg

Ivy Bridge(第三世代CPU)

■標準CPU

2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)

ベンチ7495

型式 MD104J/A 重量2.56kg

Ivy Bridge(第三世代CPU)

■標準CPU

2.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)

ベンチ8316

2012年に発売された非Retinaモデルの方。この型のMacBookProは購入後メモリ増設(最大16GB可)とストレージ増設が可能です。(それ以降のRetinaモデルでは基本不可)またこの機種までDVDドライブが標準で搭載されていますが、ドライブベイを取っ払ってここにHD、SSDを搭載できます。標準機で最低500GBのHDが搭載されていますので、SSDを買って余ったHDをDVDドライブがあった箇所へマウントとかできます。自分好み、予算に合わせてカスタマイズできるのが良いですね。グラフィックは共にGT650MでビデオメモリがMD103J/Aが512MB、MD104J/Aが1GBです。

2013型MacBookPro 2/13発売 中古価格10万~

型式 ME664J/A 重量2.02㎏

Ivy Bridge(第三世代CPU)

■標準CPU

2.4GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.4GHz)

ベンチ7878

■カスタマイズCPU

2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)

ベンチ8446

■カスタマイズCPU

2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)

ベンチ8990

型式 ME665J/A  重量2.02㎏

Ivy Bridge(第三世代CPU)

■標準CPU

2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)

ベンチ8446

■カスタマイズCPU

2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)

ベンチ8990

※グラフィックはそれぞれ共にGT650Mビデオメモリ1GB

2013型MacBookPro 10/23発売 中古価格11万~

型式 ME293J/A 重量2.02㎏

Crystal Well(Haswellアーキテクチャ、第四世代CPU)

■標準CPU

2.0GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)

ベンチ8200

■カスタマイズCPU

2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)

ベンチ9222

■カスタマイズCPU

2.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)

ベンチ9937

型式 ME294J/A 重量2.02㎏

Crystal Well(Haswellアーキテクチャ、第四世代CPU)

■標準CPU

2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)

ベンチ9222

■カスタマイズCPU

2.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)

ベンチ9937

※グラフィックはME293J/Aがオンボード、ME294J/AがGT750Mビデオメモリ2GB

2013年型は2機種ありますが、CPUが最高スペック同士で比較すると後発のME294J/Aが、大体1割くらい上昇しています。ですが当時の購入された方のレビューを見てみますと、体感出来る程の高速化は微妙という書き込みをちょこちょこ見かけました。まあ1割程度ならそんなもんでしょうね。メモリ16GB、SSD512GB仕様がME664J/A から値段がガクッって下がってる感じなんでこの機種はお買得かもしれません。

こうしてCPUベンチの数値を比較してみますと、

2015型と性能の面において2012年型、2013年型、共にそんな問題無い範囲なんじゃないでしょうか?っていうか冷静に考えてCPU世代的に一世代しか違わないんで、まあ妥当な結果です。カスタムCPUで数値上、上回っているのもあるので、こうゆう機種が安く手に入ればお買得ですよね。

2012型の非Retinaですと自分で新品のSSDを換装できて、HDの経年劣化も問題にならず精神衛生上良い。

2013型は2015型とさほどスペックが変わらずメモリ16GB、SSD512GBが税込みで15万以下だったら、同仕様2015型と差額約8~9万くらいなんで結構な差額ですね。

ただ、注意事項として

2015型も何だかんだで新品で手に入る良さがある。Macって5年以上、7年未満でAppleからヴィンテージ扱いにされるみたいですね。

今回ご紹介した2012型は今年、2013型は来年でヴィンテージになってしまいます。

ヴィンテージ、、、vintage、、、

聞こえはいいけど、それっていつ壊れてもおかしくない時期にきてますよって目安なんだろうか?(まあパソコンの寿命ってそんくらいっちゃあそんくらいですが)

うちのMac pro初代(2008年購入)も、こないだ昇天しましたんでwこの基準はあながち外してはいないw

悩みますねw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする