高級椅子の王者アーロンチェアを4年間使用して

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

スポンサーリンク

世の中には高級椅子というものがございます

僕が4年前に新天地で調子こいて、おっしぁ!!いっちょ奮発するか!!って購入したのが当時13万7千円もした、かの有名なハーマンミラー/アーロンチェアです。実はこれ、音楽制作の為に購入した訳じゃあないんです。アーロンチェアが色んなスタジオで活躍していたのは勿論知っていましたが、椅子買うより機材を買う派でしたので音楽やってる時は買わなかったんですよね。かといって別に仕事頑張るぞ!!ってことで買ったわけでもないんです。

実は当時、大好きな音楽制作を一時ストップしてしまう程

別の趣味に没頭していました。で、その趣味というのが、かなり長時間座りっぱなしになるモノでして、平日でも仕事から帰って普通に朝の5時くらいまでやってたんですよ。少し寝て職場に向かうという結構ハードな生活を送っていました。(3年くらいやってました)なので、せめて椅子くらい良いやつ買おうかって事で購入したんです。あまりにも没頭しすぎてwこれくらいしか身体をいたわる策が思いつかなかったんですよね。

で?実際高級椅子ってどうなの?

最初座ってみて、メッシュの座り心地に、おぉ~これがあの幾多の先人達を魅了したアーロンチェアか~って思いましたよ。まさに感動モノでした。作業に応じて調整できるアームレストも長時間作業しても手首が全く疲れませんし、その他細かい調整も色々できますし(自分はリクライニング固めのやや前傾ポジションで使っています)ポスチャーフィットも腰痛持ちの方にはいいでしょうね。4年間割とハードに使ってきて、若干メッシュに1ミリくらいのほころびがでたくらいで、他の故障個所は全くありません、耐久性も抜群です。まぁ買って大満足でした。僕がハードな生活でも身体を壊さなかったのは、このアーロンチェアのおかげもあるでしょう。感謝してますよ。本当に。

椅子に10万円以上、高いか安いか?

決して安くはないですよね(12年間の保証はついていますが)今の職場のPCの椅子なんて、アームレストも固定で多分1万円くらいのやつだと思いますが、長時間座っても特に疲れませんし同じ4年間つかってますが、(僕の前任者も使っているんでそれ以上の時間)全く壊れない。そもそも椅子ってそんなに壊れないでしょうし、ただ疲れないだけの椅子ならそんなに高いお金ださなくても、いくらでもある事でしょう。まぁアーロンチェアの方がそれを上回る機能やらなんやらが勿論ついていますし比較自体がナンセンスなのですが、アーロンチェアとその他の高級椅子、それらも含めて10万円以上の椅子と1万円の椅子で本当に金額分だけの性能差があるのか?って聞かれると両方を4年間使用した今、どうでしょうね?としか言えないところです。ですが、この価格差って性能差だけじゃあなくって

スティタス、この一言です

やっぱり作業風景にアーロンチェアがあったら絵になります。10万円以上の椅子と1万円の椅子、同じ疲れなくても10万円以上の椅子の方が当然カッコイイです。後、見た人からえ?椅子アーロンっすか?すごいって言われた時の優越感もあります。この目に見えない自尊心を満たすのも金額差なのでしょうwまぁあれですよ。人生ハッタリとスティタスも大事なのです。よってアーロンチェア、4年間使用してアリかナシかで言えば当然アリ、これからもよろしくです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする