長年使用のMDR-CD900STを新品状態に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

スポンサーリンク

SONY MDR-CD900STとは?

プロの現場でもよく見かける定番のヘッドホンですね。僕は最初これを購入した時、好みにあってないと思って一度売却しました。ですがその後、このヘッドホンが何故ここまで定番なのかを自分なりに理解して、必要性を感じましたので再度購入し直しています。音の傾向がフラット寄りなので、音楽制作のモニタリング用途で発売から30年近く経った今でもプロ、アマ問わず大人気のロングセラー商品ですね。

長年使用の経年劣化で

イヤーパッドがボロボロ状態の我が家のMDR-CD900ST。購入時期ですがハッキリ覚えてませんw。多分15年くらい前でしょうか。その間、一度もイヤーパッド交換していないですw。まぁブランクが4~5年あって、その時は使用していませんでしたので、実質10年くらい。それにしても見るも無残にボロボロです。これでは気持ち良く使用できないでしょ!!。

交換しましょ

実は去年の6月に部品だけ取り寄せていたのですが、放置していましたw。今回はイヤーパッドと、どうせ外すならと思って中のウレタンリングも交換しました。

開けてみると、ウレタンリングがヘタっています。取り外す時も、もうポロポロ状態。部品を取り寄せてよかったです。イヤーパッドを交換しようとしている方は、多分ウレタンリングも経年劣化してると思いますので同時にやっておいた方がいいでしょう。古いウレタンリングを取り外し、極力綺麗な状態にして新しいウレタンリングを取り付けます。

新品のウレタンリングは、下部全面に両面テープが張られている状態です。僕は中心のウレタンを先にくり抜いて、外周のリングだけの状態で貼り付けました。

ウレタンリングを取り付けたら、新しいイヤーパッドを取り付けです。いや~改めて新旧見比べますと経年劣化がすごいですねw。取り外したイヤーパッド、長年お疲れ様でした。ちなみにイヤーパッドの材質は変わったんですかね?旧の方が材質的にどこか高級な感じがします。

取り付け自体は簡単です。無事イヤーパッドとウレタンリングの交換が完了致しました。

さあ装着して音を聴いてみましょうか。

うん!!我が家の900STが新品状態に蘇りました。新品のイヤーパッドがとても気持ちいいです。ウレタンリングも交換した事によって音の鳴りが良くなって、モニタリングの方も改善しています。最近なんか900STの鳴りがイマイチに感じて、新しい商品を物色されている方、その前にパーツ交換を一度検討してみてはいかがでしょうか?。新品同様になって、愛着度が増すかもしれませんよ。おすすめです。

今回使用した部品名:SONY/2-115-695-01(イヤーパッド)SONY/2-113-149-01(ウレタンリング)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする